豊かなをつくる     
  海と森の間には、密接な関係があります。
森は落ち葉や枯れ木におおわれています。落ち葉や枯れ木は、虫や微生物によって
分解され、養分をたくさん含んだ「腐葉土」と呼ばれる土になります。
雨や雪解け水は、この腐葉土にしみこみ、長い時間をかけて流れ出します。
その時、腐葉土に含まれているりんやちっ素などの養分も一緒に溶け出します。
養分を含んだ森の水は、やがて川となって、海に向かって流れていきます。
こうして森から海に運ばれた養分は、海中の植物プランクトンを育み、貝や魚などが生息
する豊かな海を作るのです。

 
   の役割     
  水を蓄える働きがあります
土の中の虫や微生物が、落ち葉などの養分を求め動き回り土の中に隙間ができます。
また、木の根が伸びることで土の中に隙間ができます。
この隙間に雨や雪解け水がしみこみ、水が蓄えられます。
森が水を蓄えることで、洪水や土砂崩れを防いでいます。
蓄えられた水は、時間をかけてゆっくりと川へ流れてゆくのです。

空気をきれいにする
森の木は、二酸化炭素を吸収して酸素を作ります。
太陽の光があたると、二酸化炭素と水を材料にして光合成が行われます。
その結果、私たちが生きてゆくうえで必要な酸素が生まれます。
 
izumi-rakunoukai