てこね寿司(P10)

材料(5人分)

 カツオ 通年
 カツオ・・・500g
 米・・・5合
 ショウガ・・・少々
 大葉(または三つ葉)・・・少々

A:タレ
 醤油・・・100cc
 砂糖・・・50g
B:すし飯のあわせ酢
 酢・・・100cc
 砂糖・・・120g
 塩・・・少々

「作り方」
@刺身状に切ったカツオを、タレ(Aを一度沸騰させ、冷ましたもの)に20分つける。
Aごはんを炊くときに塩(小スプーン1杯)を入れ、炊き上がったら10分ほど蒸らす.
B蒸らしたごはんにお茶碗1/3のタレを打ち、さらに10分してから桶に移す。
CごはんにBのあわせ酢を手早く混ぜ合わせ、5分してから扇風機等で冷ます。
D最後にカツオを混ぜ、千切りしたショウガと大葉をまぶす。
※たれの冷ましが十分でないと刺し身が煮えてしまい味が半減するので注意しましょう。
 マメ知識
漁師が船上で獲れたてのカツオの刺し身とごはんを手でこねて食べたのが始まり。志摩町が 発祥の地といわれている。
このページのタイピング担当者
 「一色パール」
住所 〒517-0703 三重県志摩市志摩町和具4145-2
TEL:0599-85-0822
FAX:0599-85-0822


おまけの画像

まぼろしの「真珠てこね」

撮影者: 和洲閣てこちゃん 2007年12月16日


更新日 2007年12月16日
創刊日 2007年11月06日
supported by Izumisoftware and SWS