透明感あふれるプリプリした食感が特徴

まんぼうの味噌あえ(P12)


 マンボウ 通年

材料

まんぼうの身・他、肝・腸・尾・・・・・・・・適量
酒・うまみ調味料・味噌・ネギ・ショウガ・・・お好み

「作り方」
@肝を小さく切って水気なしで炒める。(肝から油が出てくるので少し捨てる)
A砂糖、酒、うまみ調味料、味噌を順番に入れ、肝味噌を作る。
B次に身をぶつ切りにして水分を入れずに煮て、水気がたくさん出てきたらザルに上げる。
C腸はぬめりを取り、切っておき、少しの水を入れて炊き、ザルにとる。
D尾は皮をはずして少しの水で炊き、ザルにとる。
EBCDをいっしょに肝味噌であえて、お好みでネギ、ショウガを入れていただく。  
Cooking Point
マンボウは煮物にしたり、お造りにしても食べることが出来ます。 また、マンボウの肝は珍味で、酒蒸しや肝あえなどの料理方法が あります。
このページのタイピング担当者
 「啓徳真珠」
住所 〒517−0704 三重県志摩市志摩町越賀1412
   TEL:05998−85−5421
   FAX:0599−85−0196
   E-M:ise-sima@sinjumama.com 

おまけ  まんぼうの画像

マンボウの大漁
撮影者: 和洲閣てこちゃん 2007年12月2日



まんぼうの解体光景
解体光景はここをクリックしてください。

更新日 2007年12月04日
創刊日 2007年11月09日
supported by Izumisoftware and SWS