伊勢えびの香りが贅沢な祝い酒

伊勢えび酒(P6)

伊勢えび:旬10月〜4月
材料
盃の大きさに合わせた伊勢えび・・・小〜大
日本酒・・・適量

  「作り方」
@伊勢えびを丸ごと焼く。
A焼いた伊勢えびをたっぷりの酒に入れれば完成。
マメ知識
伊勢えびは、ひげが長いところから、古くから長寿のシンボルとして知られ、お祝いの席などには欠かせないものでした。
その伊勢えび料理でもっとも志摩町らしいのは、伊勢えび酒です。新鮮な伊勢えびを丸焼きにして大きな盃に入れ、上から熱燗を注いだものを、皆で飲み回します。焼いたえびの香ばしさと地味が日本酒に解け合って、なんとも言われぬ風味が広がります。飲み飽きたなら、日本酒の染み渡ったえびの身をほぐしていただけば、また格別。志摩ならではの祝い料理です。
このページのタイピング担当者
 「料理旅館 和洲閣・志摩のてこちゃん」
〒517-0703 三重県志摩市志摩町和具524
TEL:0599-85-4567 FAX:0599-85-6336
更新日 2007年11月19日
創刊日 2007年11月19日
supported by Izumisoftware and SWS